草加せんべいの起源と歴史

  

埼玉県の名産品「草加せんべい」の起源と歴史をご紹介いたします。

  

草加せんべいの起源は?

草加せんべいの起源は非常に古く、数百年前にさかのぼると言われています。

草加は昔から米どころと言われ、多くの米がとれたことから、地元の農家の人たちは余った米を団子状にして乾かしたものを保存食として作っていました。

江戸時代になって草加が日光街道の宿場町として栄え、街道沿いに茶屋や物売りが軒を並べるようになります。
その街道沿い茶屋で「おせん」というおばあさんが団子焼いてを売っていましたが、余ってしまった団子を川に捨てていたそうです。それを見た旅の侍がその団子をつぶして天日で乾かし、煎餅として売ってみてはどうか?と勧め、その通りに「せんべい」として売り始めるとそれが評判を呼び、「おせん」さんの作った煎餅、「おせんべい」と呼ばれるようなったという説があります。

草加せんべいの歴史

江戸時代に広まった「おせんべい」ですが、当初は、生地に塩を練り込んでいましたが、幕末ごろに醤油が普及すると焼いたせんべいに醤油を塗って売られるようになります。
明治時代には、お煎餅屋が増えていきましたが、草加せんべいの知名度が高まったのは、大正時代です。
大正時代に当時、川越で行われた特別大演習で、埼玉の名産品として草加せんべいが天皇に献上され、『天皇が召しあがったおいしいお煎餅』として広まっていきました。

焼きたての草加せんべい

まとめ買いがお得です!! 1回のご注文で5,000円以上ご購入で送料無料

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

おせんべいができるまで
草加屋ブログ

PositiveSSL

お客様の個人情報を安全に送受信するためにSSL暗号化通信を利用し、第三者によるデータの改ざんや盗用を防いでいます。