菓匠の手から手へ、永年受け継がれてきた手作りの味

伝承の味

草加が其の昔、宿場としてにぎわいを見せていたこ頃、街道沿いの茶店おせんというおばあさん:obaacyan:がいて、旅人に団子を売っていた。:otya:

ある日、武者修行のお侍が「残った団子をつぶして天日で乾かし焼餅として売ってみてはどうか」と教えた。:cat_5:

これが好評で名物となり今の草加せんべい となった。

 

2012年6月に投稿された記事の一覧を見る